浜田医療センターICTは、病院内での医療関連感染(病院感染)から患者や職員を守るために活動している、病院感染対策のチームです。

ICTは医師、検査技師、薬剤師、看護師がメンバーです。

日常業務は、院内をラウンドして感染対策や抗菌薬適正使用の指導、相談への対応、職員教育のための研修、職員健康管理を行っています。緊急時の対応として、薬剤耐性菌、インフルエンザ、感染性胃腸炎などのアウトブレイク(感染症の流行)への対応、針刺しや体液曝露時の対応を行っています。

※ICT=Infection Control Team

 

 

感染対策の基本である手指衛生は、感染性病原体の伝播を低減させる重要な行為として、適切な手技の実施が求められます。当院は、病室出入口の内側に手指消毒薬を設置しており、また、個人管理で使用している部署もあります。手指衛生遵守率のモニタリングを行い、スタッフが意識や行動の改善につなげています。

 

 

アンチバイオグラム(antibaiogram)とは、病原菌の抗菌薬に対する感性(薬剤が効く) あるいは耐性(薬剤が効かない)の割合を表示した一覧表のことをいいます。

抗菌薬が効くとか効かないということを調べる検査(薬剤感受性検査)を、細菌検査室の中で行っています。第三世代セフェムや、カルバペネムなどの広域スペクトルの抗菌薬から、狭域スペクトルの薬に変更するとき(デエスカレーション:deescalation)の参考情報となる点がメリットです。

アンチバイオグラムを参考に、より効果の高い抗菌薬に変更することで早期に治療が完了したり、耐性菌の出現を抑制したりすることが可能です。加えて、より安価な薬に変更できれば、医療費を下げることもできます。

アンチバイオグラムの活用により、従来の経験的治療( エンピリックセラピー)に比べて、適切な抗菌薬を選べる確率が高まります。 当院では毎年、細菌検査室からアンチバイオグラムを作成して情報発信し感染症診療に役立てるように活動しています。

アンチバイオグラム(PDF)