発生率計算式

入院後に新規に発生した褥瘡の数(別部位は1として計測)÷調査月の新入院患者数

+前月最終日在院患者数(24時現在)×100

当院では、皮膚科・外科医師、皮膚・排泄ケア認定看護師、栄養士、薬剤師、作業療法士、病棟看護師、企画課など多職種で褥瘡対策員会を編成しています。

 

主な活動

  • 毎月1回 第4木曜日 褥瘡対策委員会の開催
  • 毎週木曜日 褥瘡対策チームでの回診とカンファレンス
  • 勉強会の開催

2016年度1月までの褥瘡発生率は1.07%でした。2012年2.75%から毎年褥瘡発生率は減少しています。褥瘡発生率の減少の要因として、①圧再分配、ズレに対するスタッフの援助技術の向上、②褥瘡予防において重要なマットレス、ポジショニング枕の充実があげられます。

今後もスタッフ指導、体圧分散用具・寝具の充実と適切な使用、データの提示を行い褥瘡予防対策を徹底していきたいと考えています。