医師の紹介

消化器内科_八杉晶子Dr 八杉晶子(鳥取大学医学部:平成13年卒業)

  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本消化器病学会消化器病専門医
  • 医学博士
  • 日本緩和学会会員
消化器内科_宮石浩人Dr 宮石浩人(金沢医科大学医学部:平成17年卒業)

  • 日本消化器病学会会員
  • 日本内科学会会員
  • 日本消化器内視鏡学会会員
消化器内科_生田幸広Dr 生田幸広(高知大学医学部:平成18年卒業)

  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会会員
  • 日本消化器内視鏡学会会員
  • 日本胆道学会会員
  • 日本膵臓学会会員
  • 日本高齢消化器病学会会員
消化器内科_長谷川亮介Dr

長谷川亮介(鳥取大学医学部:平成22年卒業)

  • 日本内科学会会員
  • 日本消化器病学会会員
  • 日本消化器内視鏡学会会員
消化器内科_濱本航Dr

濱本航(鳥取大学医学部:平成26年卒業)

  • 日本内科学会会員
  • 日本消化器病学会会員
  • 日本消化器内視鏡学会会員

消化器内科の紹介

消化器科では、消化管(食道・胃・十二指腸、小腸・大腸)や 胆のう、胆道、膵臓や肝臓の診療を行っています。

消化器癌に対しては、内視鏡や超音波、CTなど各種画像検査を行い、内科的治療(内視鏡的粘膜切除術EMR、内視鏡的粘膜下層剥離術ESD、癌化学療法)などを行うとともに、放射線科や外科と連携して、放射線治療や外科的治療など適切な治療を選択し、協力して治療に取り組んでいます。

消化管の早期癌に対しては、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD) を積極的に行っています。
切除困難な進行癌の患者様においては、症状改善のための内視鏡処置を行ったり、また緩和ケア病棟にて疼痛コントロールなど症状緩和に努めた緩和ケアを行っています。

胆膵系では、ERCPによる造影検査のほか、胆道結石治療や胆管ステント留置を行っています。また、超音波内視鏡での観察、超音波内視鏡下穿刺生検(EUS-FNA) にて膵癌の診断を行っています。

肝臓では、慢性肝炎、肝硬変に対して病期に応じた治療を行っています。C型慢性肝炎に対する新規経口抗ウイルス薬の治療も対応しています。
肝がんの治療は、放射線科や消化器外科と連携し、外科的治療、ラジオ波治療、肝動脈塞栓術や内科治療などの治療を選択しています。

消化器内科外来ですが、現在外来担当医師は4名で診療にあたっています。内視鏡室看護師は4名で検査と外来診療を分担し行っています。医療クラーク3名や外来アシスタント、看護助手にて診療補助業務を行っています。
癌告知に際しては専門認定看護師同席のもと面談を行い、癌支援センターの案内も併せて行っています。
外来化学療法は中央処置室にて行っています。(昨年実績(消化器) 延べ 227件)
がん化学療法看護認定看護師や、薬剤師と連携し、治療についての説明や、患者様の不安を軽減できるよう対応しサポートしています。
浜田の医療にすこしでも貢献できるよう、日々努力していきたいと思っています。

 

症例数・治療成績

2016年度消化器内科外来紹介患者総数・・・1,630例
2015年度消化器内科外来紹介患者総数・・・2,159例
2014年度消化器内科外来紹介患者総数・・・1,863例
2013年度消化器内科外来紹介患者総数・・・1,845例
2012年度消化器内科外来紹介患者総数・・・1,789例
2011年度消化器内科外来紹介患者総数・・・1,690例
2010年度消化器内科外来紹介患者総数・・・1,629例

24-28年度紹介患者数_消化器内科

 

2016年度消化器内科入院患者総数・・・970例
2015年度消化器内科入院患者総数・・・1,099例
2014年度消化器内科入院患者総数・・・1,112例
2013年度消化器内科入院患者総数・・・1,032例
2012年度消化器内科入院患者総数・・・1,012例

入院患者総数

 

消化器科スタッフ