看護部教育方針

看護部教育研修室に専従看護師長を置き、看護部の理念に基づき看護部研修の一連を運営しています。

  1. 看護の担う役割を理解し、心のこもった情のある看護実践ができ、質の高い看護が提供できる人材を育成する
  2. クリニカルラダーに沿って教育プログラムを活用し、個人の専門職としてのキャリアを支える
  3. プリセプター・新人支援看護師・教育担当者の役割が効果的に果たせるように支援し、新人の看護技術指導とメンタルサポートを強化・継続する
  4. 認定看護師への育成を図るため、専門看護分野へすすむ看護師の基礎的知識を深めることを基に指導する

 

看護職員の能力開発(研修)に則り実施しています。
表1【看護職員 能力開発 研修 体系図】

表1【看護職員 能力開発 研修 体系図】 図をクリックすると拡大表示します。

各期の看護職員キャリアラダーにおけるレベル目標

レベルⅠ

  • 対象者・・・新卒者
  • レベル目標
    看護実践に必要な基本的能力を習得する

レベルⅡ

  • 対象者・・・ラダーⅠ終了者
  • レベル目標
    ①根拠に基づいた看護を実践する
    ②後輩指導に関わる

レベルⅢ

  • 対象者・・・ラダー Ⅱ終了者
  • レベル目標
    ①個別性を重視した看護を実践する
    ②後輩の学習を支援する

レベルⅣ

  • 対象者・・・ラダーⅢ修了者
  • レベル目標
    ①看護実践者として、後輩に指導的役割を果たせる
    ②チームリーダーとしての役割行動がとれる

レベルⅥ

  • 対象者・・・ラダーⅣ終了者
  • レベル目標
    役割モデルとなり専門性の発揮、管理・教育的役割、研究への取り組みができる

 平成29年度教育研修プログラム(集合研修)

平成29年度教育研修プログラム(集合研修)

 平成29年度研修内容(集合研修)

平成29年度研修内容(集合研修)

新人教育

新人教育には、集合教育と職場内教育があります。

  • ラダーⅠにおけるレベルⅠの到達目標は以下の通りです。
    表5【レベルⅠ】

    図をクリックすると拡大表示します。

  • 新人看護師には4月採用時に <新人コース>ラダー到達表と個人ファイルを渡しています。
  • 個人ファイルは看護師個人が教育と自己研鑽により主体的な成長・発達していく過程を記録していくものです。

<新人コース>ラダー到達表は職場内教育で活用していきます。

1.集合教育の研修内容

新人集合研修の内容

<新人コース>ラダー到達度表は、看護実践能力の具体的項目に対する到達度、看護技術のチェック、ラダー目標能力到達度評価の構成に なっています。

できるようになった看護技術を新人支援看護師と一緒に評価していきます。

評価時期は1ゕ月・3ゕ月・6ゕ月・9ゕ月・12ゕ月で看護実践能力の具体的項目に対する到達度と看護技術(与薬、筋肉・皮下注射、静脈内注射、点滴静脈注射、静脈採血、血糖測定、インスリン注射、輸液ポンプ、シリンジポンプ、酸素療法、口腔内吸引、気管内吸引)のチェックをし、評価をします。

クリニカルラダー目標の実践能力到達度評価は3ゕ月、6ゕ月、1年で自己評価をして、他者評価を新人支援看護師がします。

プリセプター、新人支援看護師、副看護師長、看護師長がコメントをします。

3.看護単位における新人看護師の支援体制

表7【教育の支援者】

教育の支援者

プリセプター
新人看護師の不安や悩みを聞くなど身近な相談者としてひとり立ちを最も応援している強力なサポーターです。
新人支援看護師
先輩看護師と共に看護技術を中心に指導をします。プリセプターの支援もします。
副看護師長・看護師長
看護単位の職員全体の教育を支援します。
教育担当看護師長
年間の院内教育計画を立案し、新採用者の集合教育を行っています。各看護単位をラウンドし、新人看護師が確実に技術習得できるように支援を行っています。 不安や悩みについて個別に相談に乗ります。
新人看護師の一年間の行動目標と職場適応の支援内容

新人看護師の一年間の行動目標と職場適応の支援内容

新人バッチ写真新人看護師には、ユニホームの左襟に赤バッチを付けて、新人であることが誰からもわかるようにし、病院全体で新人を守っています。

教育担当師長より

教育担当師長

教育担当看護師長の吉岡です。「自分一人で悩みを抱えこまず、いつでもなんでも相談にのりますよ」と 何でも相談ポストを設けています。