医師の紹介

外科_栗栖泰郎Dr

栗栖泰郎(横浜市立大学医学部:昭和63年卒業)

  • 日本外科学会指導医
  • 日本消化器外科学会指導医
  • 日本臨床腫瘍学会暫定指導医
  • 日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
  • 検診マンモグラフィ読影認定医

外科_高橋節Dr

高橋節(鳥取大学医学部卒業:平成3年)

  • 日本外科学会専門医
  • 日本消化器外科学会指導医
  • 日本臨床腫瘍学会暫定指導医
  • 日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
  • 検診マンモグラフィ読影認定医
  • 麻酔科標榜医

外科_渡部裕志Dr

渡部裕志(山口大学医学部卒業:平成6年)

  • 日本外科学会外科専門医
  • 日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 検診マンモグラフィ読影認定医

外科_永井聡Dr

永井聡(島根医科大学卒業:平成9年)

  • 外科医長
  • 日本外科学会専門医
  • マンモグラフィ読影認定医
  • 専門分野:消化器外科、一般外科

外科_清水翔太Dr

清水翔太(鳥取大学医学部卒業:平成26年)

外科の紹介

当科では、消化器外科、内分泌外科(乳腺,甲状腺,副腎の外科)、一般外科を担当しています。癌の治療に最も力を入れおり、癌の進行度に応じて、拡大手術や腹腔鏡下手術など、過不足のない手術を行っています。

学会発表や論文執筆なども行い、最新の外科医療を提供できるよう、チームワークよく診療を行っています。消化器、内分泌、その他外科一般と思われる患者様、どんな方でも気軽に御紹介ください。

手術後は、普段はかかりつけの先生に、間隔をあけて当科にも来院いただき、一緒にフォロウアップさせていただきます。その際、胃癌、大腸癌、乳癌では、がん地域連携パスの利用を進めることができればと考えています。

以下、当科の診療内容を臓器別に紹介いたします。

主な診療内容

上部消化管

食道癌、胃癌、その他良性疾患に対する手術を行います。早期胃癌では、原則、腹腔鏡下手術を行い、術後疼痛が軽減し、回復も早くなっています。進行食道癌に対しても、大学病院専門医の協力を得ながら胸腔鏡下手術を行っています。切除不能,再発癌に対しては、QOLの維持に努めながら化学療法を行い、生存期間の延長を図ります。

下部消化管

結腸癌、直腸癌、肛門疾患、その他良性疾患に対する手術を行います。結腸・直腸癌では、原則全例腹腔鏡下手術を行い、回復が早くなっています。転移部位が肝だけであれば、積極的に肝切除を行います。肺転移に対しても呼吸器外科に依頼して積極的に切除を行います。これらにより生存期間が延長します。切除不能,再発癌に対しては化学療法を行います。痔核に対しては、切除またはジオン注による4段階注射硬化療法を行います。

(肝・脾)

転移性肝癌や原発性肝癌に対して、肝切除、焼灼手術(ラジオ波やマイクロ波による)を行います。また、脾機能亢進症などに対する脾摘術については、腹腔鏡下手術を行います。

(胆嚢・胆管・膵)

胆嚢癌、胆管癌、膵癌は、切除不能状態でみつかることも多いですが、根治が期待できる例では、肝切除、肝外胆道切除、膵頭十二指腸切除などを組み合わせた積極的な手術を行います。胆石症や胆嚢炎に対しては、腹腔鏡下手術を行い、早期退院が可能です。

乳腺

増加の続く乳癌に対しては、乳腺科吉川和明部長により、マンモグラフィ、エコー、MRIをはじめとする画像診断、細胞診、針生検、吸引生検が行われ、正確な確定診断と広がり診断が行われます。それに基づいて、乳房温存手術やセンチネルリンパ節生検を行い、病理部長崎真琴部長によって術中迅速病理検査が施行され、過不足のない手術を行っています。術後補助療法として、あるいは局所進行・転移再発例に対する治療として、内分泌療法や化学療法を駆使し、QOLを維持しつつ長期生存できるよう努力を続けています。

甲状腺

乳癌同様、細胞診により正確、迅速な診断が可能です。甲状腺癌に対しては手術を行います。

副腎

手術適応になる疾患は多くはありませんが、ホルモン産生腫瘍や癌に対しては、腹腔鏡手術を行います。

緩和ケア

癌の手術を行う科であるため、必然的に再発される患者様もあり、このような患者様には、緩和ケアチームと共同で、症状コントロールのための緩和治療・ケアを行っています。

浜田医療センター外科手術件数(2015/1~12)

外科手術件数(2015/1~12)