医師の紹介

井上真知子(鳥取大学:昭和59年卒業)

眼科部長

  • 日本眼科学会専門医
  • 日本眼科学会会員
  • 日本斜視弱視学会会員
  • 日本眼科手術学会会員

検査・治療について

検査

超音波画像診断装置(網膜剥離や硝子体出血などの眼底病変の診断に威力を発揮する眼科専用の診断装置)

  • 眼底カメラ(眼底撮影や蛍光造影検査を行います。)
  • 網膜電図記録装置(白内障や硝子体出血で眼底検査の出来ない場合の網膜機能の評価やジストロフィーの診断に有用な装置)

 

手術

  • 白内障手術(3日間入院)
  • 斜視手術(小児は3日の入院、成人は外来手術)
  • 翼状片手術
  • マルチカラーレーザー治療(糖尿病網膜症、網膜裂孔、網膜血管閉塞症、未熟児網膜症、緑内障レーザー治療などを行います。)

 

上記実績(平成28年度)

  • 白内障手術:160例
  • 斜視手術:6例
  • その他:1例