地域連携室の目的

地域医療連携室は、地域の医師会や医療機関と連携して地域医療ネットワークを整備し、できるだけ当院とかかりつけ医療機関との業務分担を行い、地域の患者様が安心して継続的医療を受けられるようサービスの向上を図ることを目的としています。

職員構成

入退院調整師長をはじめ医療ソーシャルワーカーと数人の看護師を配置し、地域医療機関との連携を一層深め、患者さまに安心して、受診していただくための窓口になります。

 

地域医療連携室の業務内容

患者紹介・逆紹介

地域の医療機関(紹介元)から、当院に患者様を紹介していただく際の窓口として診療予約を受け付けます。また、当院からかかりつけ医療機関への逆紹介など紹介元及び紹介先医療機関との情報管理を行います。地域医療連携の一環として当院の医療機器を有効に利用していただくためにCTやMRI等の検査予約も行っております。

地域の医療機関様からの紹介方法については以下ページをご覧ください。

 

退院支援

入院初期の段階から病棟、地域支援機関への連携をとり在宅促進へ支援します。
転院、施設入所へは医療機関、施設との連絡調整、交渉を行い支援します。

 

医療相談

療養生活を送られる患者様・ご家族の方々の抱えておられる問題についてご相談に応じています。
社会資源の活用に関する相談・調整をいたします。

 

広報活動

医療機関、施設等へ訪問し情報提供を行います。
医療連携のための情報誌を発行します。

TEL

当院への電話について

現在、当院へのお問い合わせやご相談の電話の中には「番号非通知での迷惑な電話」がかかってくることが多く、対応に苦慮しています。
つきましては、平成28年11月1日よりNTTサービスの「ナンバーリクエスト」を導入することにしましたので、ご理解いただきますようお願いします。

なお、番号通知ができない方はお手数ですが、代表番号(0855-25-0505)へおかけください。

※ナンバーリクエスト
電話番号を「通知しない」でかけてきた相手に「おそれいりますが、電話番号の前に186をつけてダイヤルするなど、あなたの電話番号を通知しておかけ直しください。」と音声メッセージで応答する機能です。

 

質問&回答集

地域医療連携室を利用すると何が便利ですか?

予約制なので長時間お待たせいたしませんが、確認のため当日は、診療申込書の記入をしていただきます。。

予約の方法を教えてください。

まず、地域のかかりつけ医(ホームドクター)を受診してください。その結果、当院への紹介が必要な場合、ホームドクターが地域医療連携室と連絡をとり、患者様と相談のうえ受診予約をします。すぐに地域医療連携室から診療予約券がFAXされ、予約がその場で決定します。

受診当日はどうしたらいいですか?

ホームドクターの紹介状、地域医療連携室からの予約券、保険証これらを持参の上、①番の初診窓口におこしいただき、「地域医療連携室の予約」とお申し付け下さい。