医師の紹介

消化器内科_八杉晶子Dr 八杉晶子(鳥取大学医学部:平成13年卒業)

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本消化器病学会消化器病専門医
  • 医学博士
  • 日本緩和学会会員
消化器内科_宮石浩人Dr 宮石浩人(金沢医科大学医学部:平成17年卒業)

  • 日本消化器病学会会員
  • 日本内科学会会員
  • 日本消化器内視鏡学会会員
消化器内科_生田幸広Dr 生田幸広(高知大学医学部:平成18年卒業)

  • 日本内科学会会員
  • 日本消化器病学会会員
  • 日本消化器内視鏡学会会員
  • 日本胆道学会
  • 日本膵臓学会
  • 日本高齢消化器病学会
消化器内科_濱本航Dr 濱本航(鳥取大学医学部:平成26年卒業)
消化器内科_長谷川亮介Dr 長谷川亮介(鳥取大学医学部:平成22年卒業)

消化器内科の紹介

消化器科では各種消化器疾患すなわち食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・胆道・膵臓・肝臓疾患の診断と治療を行っています。

対象疾患としてはまず癌であり、食道癌・胃癌・大腸癌・胆道癌・膵臓癌・肝臓癌などについて内視鏡、超音波を用いた各種検査、内科的治療(内視鏡的粘膜切除術、内視鏡的粘膜下層剥離術、胆膵内視鏡治療、癌化学療法など)を行うとともに、放射線科や外科と共同で集約的検査・治療に積極的に取り組んでいます。

内視鏡的治療は消化管の早期粘膜癌においては、完全治療がえられるばかりではなく、外科的手術適応とならない進行癌においては、患者様の生活の質を向上させる効果が得られます。また、患者様の負担が少なく、機能障害が残らないという大きな利点があり、手術に耐えられないような高齢者や合併症を有する患者さまに対しても施行が可能です。

次に難治性疾患として、現在、厚生労働省が指定している特定疾患である、潰瘍性大腸炎、クローン病、原発性胆汁性肝硬変、劇症肝炎、重症急性膵炎などを対象とし、高度先進医療による診断・治療を行っています。
さらに最近のストレス社会において増加してきている、機能性胃腸症、過敏性大腸症候群などの機能的疾患に対しても診断と治療を行っています。

症例数・治療成績

 

23
年度

24
年度

25
年度

26
年度

27
年度

◆上部消化管内視鏡検査総数

2537例

2,553例

 2,555例 2,732例 2621例

内視鏡的止血術

92例

83例

 72例 122例 109例

内視鏡的治療(EMR、 ESD)

58例

67例

 68例 91例 90例

その他 (EVL,EIS,異物除去、食道拡張、ステント留置)

31例

66例

 53例 67例 56例

EUS,EUS-FNA

 

 

    63例

内視鏡的胃瘻造設

112例

105例

 71例 66例 65例

◆下部消化管内視鏡検査総数

854例

1,235例

 1,309例 1,342例 1569例

内視鏡的治療(EMRなど)

325例

299例

 364例 453例 544例

◆胆膵内視鏡検査

178例

207例

 207例 180例 200例

内視鏡的治療(EST, 砕石, 胆道ステント留置)

191例

147例

 174例 167例 172例

◆腹部超音波検査

1,150例

1,179例

 1,229例 1,422例 1250例

2015年度消化器内科外来紹介患者総数・・・2,159例
2014年度消化器内科外来紹介患者総数・・・1,863例
2013年度消化器内科外来紹介患者総数・・・1,845例
2012年度消化器内科外来紹介患者総数・・・1,789例
2011年度消化器内科外来紹介患者総数・・・1,690例
2010年度消化器内科外来紹介患者総数・・・1,629例

23-27年度紹介患者数

2015年度消化器内科入院患者総数・・・1,099例
2014年度消化器内科入院患者総数・・・1,112例
2013年度消化器内科入院患者総数・・・1,032例
2012年度消化器内科入院患者総数・・・1,012例
2011年度消化器内科入院患者総数・・・・・877例
2010年度消化器内科入院患者総数・・・・966例

 

消化器内科の最近の動向

新病院になり、年々開業医の先生方からの紹介も増加し、2015年度は外来紹介患者さんが年間2000人を超えました。2014年7月より腹部超音波装置の買い替え。2014年12月より内視鏡システムをオリンパス EVIS LUCERA ELITEへ一新いたしました。今までのものより画質が向上し、光源自体の改良に伴い明るいNBIと詳細な拡大観察ができるようになりました。スコープも進化しておりより安全で速やかに検査や処置ができるようになっております。また2016年度は、新しい超音波内視鏡やカプセル内視鏡も申請予定です。検査数も右肩上がりに増加しており開業医の皆さま、地域の皆さまに大変感謝しております。

消化器内科スタッフについてですが、残念なことに消化器内科医が5人から4人となりました。初期臨床研修医は、1-2名で検査や診療にあたっております。内視鏡室看護師は4人で検査と外来診療を分担し行っております。医療クラークは3人おり、診療援助をしてくれています。また腹部超音波診療は消化器内科医に加え臨床検査技師の方々にも手伝っていただいています。

にぎやかで活気あふれる消化器内科となっております。若いスタッフ達ですので、ご迷惑おかけするかもしれませんが、多くの患者さんを診察し、浜田の医療にすこしでも貢献できればと考え、日々努力していきたいと思っております。

今後も開業医の先生方や地域の皆さまのご支援、ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。