医師の紹介

01_01 小林 正幸(山口大学医学部:昭和58年卒業)

臨床研究部長

  • 日本産婦人科学会専門医
  • 母体保護法指定医
  • 日本生殖医学会員
  • 日本受精着床学会会員
  • 日本癌治療学会会員
  • 島根県母性衛生学会理事
  • 島根大学産婦人科臨床教授

※小林正幸先生WEBサイト

平野開士(島根大学医学部:平成13年卒業)

産婦人科医員

  • 日本産婦人科学会専門医
  • 日本産科婦人科学会会員
  • 日本生殖医学会員
  • 日本受精着床学会会員
  • 日本産科婦人科内視鏡学会会員
  • 島根県医師会会員
産婦人科医 矢壁和之

矢壁和之( 山口大学医学部:平成18年卒業)

産婦人科医員

  • 日本産婦人科学会専門医
  • 日本産科婦人科学会会員
  • 日本産婦人科腫瘍学会会員
  • 日本癌治療学会会員
  • 日本癌学会会員

 

 

島根県西部の分娩の現状

今、島根県西部のお産は崩壊の危機に直面しています。

毎年分娩件数が増加の一途をたどり、現状でも当院の分娩、手術は既に限界に近くなっています。
それに加え、西部のいずれかの病院で分娩不可能になれば、西部地区では生みたくても生む施設がない、いわゆるお産難民が大量に生まれることになりかねません。

この地区ではお産応援システムを導入して検診は開業医で分娩は当院でというシステムを取り入れていますが、外来の軽減には有効ですが根本的解決にはなっておりません。
現状ではどうにかスタッフが力を合わせてこの地区の周産期を維持していこうと頑張っていますが、県、国をあげての周産期、麻酔科等の支援が必要です。

母児の安全と共に職員の健康管理等にも配慮し、できる限りこの地区の周産期医療を支えらえるように、他院、行政とも連携をとりながら頑張っていこうと思います。

皆様の暖かいご理解ご協力を願うところです。

浜田医療センターの分娩数の推移
 年度 分娩数
平成16年度 191
平成17年度 225
平成18年度 303
平成19年度 394
平成20年度 335
平成21年度 432
平成22年度 511
平成23年度 469
平成24年度 463
平成25年度 520
平成26年度 523

 

当産婦人科での治療実態

通常の開腹手術(子宮筋腫等)

一般的治療可能です。

 

膣式手術

一般に行われている子宮脱の手術はもちろんのこと、ある程度の大きさまでの子宮筋腫や、初期癌等は膣式に子宮を全摘出することが可能です。

島根県ではこういった手術を行っているのは当院だけではないでしょうか。

 

腹腔鏡手術

卵巣のう腫や子宮外妊娠等には行っていますが、緊急時はあまり行っておりません。
子宮筋腫の腹腔鏡手術は行っておりません。

 

癌の検査

子宮頚がんの原因ウイルスである、ヒトパピローマウイルス(HPV)に対して、一般的な検査以外にも型別分類、核内へのウイルスの取り込み状況などの検査が可能です。

 

癌の治療

子宮頚がんに対して前癌病変に対する外来でのレーザー蒸散、入院が必要ですが円錐切除、その後の子宮摘出など行っておりますが、かなり進行度の進んだものに対しては放射線治療装置等の関係にて、大学紹介させていただいている事もあります。

子宮体がん、卵巣がんに対しても合併症や、進行具合にもよりますが基本的には対応しております。抗がん剤治療も行っております。

 

不妊治療

人工授精までの治療は行っています。体外受精も検討はしていますが、現状では行っておりません。