臨床検査科の基本方針

  • 迅速に正確なデータを提供し、当センターの理念を実践します。
  • 臨床検査技師として、自覚と熱意を持って行動します。
  • 作業効率を常に追求し、業務の改善に努力します。

 

業務内容

  •  一般検査(尿・穿刺液・便検査等)
  • 血液・凝固検査 (血球計数・血液像・凝固検査等)
  • 生化学・免疫検査(生化学・腫瘍マーカー・ホルモン・感染症・血中薬物濃度等)
  • 微生物検査(一般・抗酸菌検査・細菌同定・薬剤感受性検査等)
  • 輸血検査(血液型・不規則抗体検査・輸血用血液製剤クロスマッチ試験等)
  • 病理検査(病理診断・細胞診検査・病理解剖等)
  • 生理機能検査(循環機能検査・肺機能検査・超音波検査等)

特色

検査科は、安全な医療の保障に必須な臨床検査データの提供、チーム医療を通じ、他職種との協働、感染制御チーム(ICT)栄養サポートチーム(NST)糖尿病支援チームの一員として参画しています。
細胞診検査、超音波検査には複数の専門認定資格技師を配置し患者サービスの向上に努めております。

医師紹介

  • 科長:長﨑真琴

スタッフ紹介

  • 技師長:森川祥史
  • 副技師長:中藤太一

 

特徴的な医療機器等

  • 全自動尿統合分析装置(UX-2000)
  • 血液・凝固自動分析装置(XE-2100・CA-1500)
  • 生化学・免疫自動分析装置 (Ci16200・C16000・i1000SR)
  • 微生物自動分析装置 (VITEK2・BACT/ALERT3D)
  • 自動輸血検査装置 (Auto Vue)
  • 自動染色装置(DRS2000S・Benchmark LT・NexES-SS・Autostainer Plus)
  • 遺伝子検査装置(Mag Core HF16・2720 Thermal cycler・hybri Max)
  • 生理機能検査(Philips iE33 ALOKA F75 OMURONCOLIN BP-203RPEⅢ)
  • 部門システム(検体検査システム・輸血検査システム・病理検査システム・生理検査システム)

 

検体検査室|細菌検査室|生理機能検査室|一般検査室|輸血科