勝部健太(3南病棟)

勝部健太(救命救急センター)

私は看護学校卒業後より3階南病棟で勤務しておりましたが、今春より救命救急センターへ転属となりました。浜田医療センターは、地域の3次救急を担う病院であり、救命救急センターでの勤務はまさに命の現場といった感じで、緊張の連続です。しかし、そういった責任ある現場での勤務はとてもやりがいのあるもので毎日が新鮮で充実しています。   

私は浜田市出身であり、現在までこの町で暮らし、この町に育てて頂きました。地域に根差した看護、病院の理念である「情のある、こころのこもった医療」を体現できるようにこれからも邁進していきたいです。

竹下啓太(5南病棟)

竹下啓太(5南病棟)

私は浜田医療センター附属看護学校を卒業し、就職をしました。
学生時代、当病院の看護師、医師の方から講義を受け、実習でも何度もお世話になりました。
そのため、病棟の雰囲気がわかりやすく先輩看護師や医師にも声をかけやすい環境でした。
しかし、就職してからは学生時代には深く考えていなかった責任感の重さを感じる場面やまだまだ学習が足りないと感じる場面が多いです。

私が配属された5階南病棟は、呼吸器内科、総合内科、脳神経外科を中心とした患者様の看護をしています。
今年で3年目を迎えますが、患者様のことを中心に考えた看護ができるように、日々の学習に加え先輩看護師から一つ一つ学んでいきたいと思います。