急性期病院として、質の高い医療を提供するとともに、事故のない安全な医療を提供するために、医療安全管理室では事故防止のためのシステムの改善を行っています。
また、ラウンドをとおして対策の実践状況を確認しながら医療安全の向上につとめています。 

 

業務内容

  1. インシデントレポート分析
    各部門・部署から出されたインシデントレポート・アクシデントレポートの分析を行い、事故の未然防止と再発防止につとめています。
  2. 医療安全に関する職員教育研修の実施
    年に5回、全職員対象に医療安全に関する講演会、各部署の取り組み発表会を行っています。また医療機器や新採用者への研修会なども行っています。
  3. 医療安全管理マニュアルの策定
    医療事故防止のための各種マニュアルの作成及び改訂を行っています。
  4. 医療安全推進チームの運営
    医薬品管理、転倒・転落予防、医療機器管理、チューブ管理、患者誤認防止の5つのチームに分かれて年間計画を立て活動を行っています。