医師紹介

長﨑医師

長﨑真琴(島根医科大学:昭和57年卒業)

所属学会・資格

  • 日本病理学会病理専門医・研修指導医

  • 日本臨床細胞学会細胞診専門医

  • 日本臨床検査医学会

  • 日本リンパ網内系学会

  • 日本癌学会

  • 医学博士

細胞診・病理組織診断について

当病理診断科では、常に正確でレベルの高い診断業務ができることを目標にしており、少人数ながらスタッフが日々研鑽に励み、研究、学会発表、論文発表にも積極的に取り組んでいます。

病理検査には大きく分けて「細胞診」と「組織診」があります。「細胞診」は、自然剥離検体(喀痰、尿)、擦過検体(子宮頸部、内膜、気管支粘膜)、体腔液(胸水・腹水)などの穿刺液や穿刺吸引検体(乳腺、甲状腺)などを対象とし、細胞検査士(2名)がスクリーニングした異常細胞を、討論を経て、最終診断しています。必要に応じて細胞検査士による外来迅速細胞診(ベッドサイド細胞診)も行われています。「組織診」は生検(biopsy)と手術材料を対象としています。

また手術中に提出された検体を対象とする術中迅速診断では、凍結切片を作成し、悪性病変の有無やその広がり(断端)を、可及的速やかに手術執刀医に電話報告しています。細胞診、組織診の診断精度を上げるために免疫染色用の抗体パネルを充実整備してきており、さらにin situ hybridization (ISH)ではEBER、κ鎖/λ鎖mRNA発現の検索、PCRによるHPVの型別判定の実施を、いずれもルーチン検査として行っています。

乳癌、胃癌におけるHER2発現については、免疫染色による蛋白過剰発現の有無だけでなく、DISH (dual color ISH)法を導入し、必要に応じてHER2遺伝子増幅の有無を検査しています。また迅速免疫細胞診の併用は、術中の主に体腔液中の癌細胞の同定手段として大きな威力を発揮しています。また日頃から独善的な細胞診・病理診断になることのないように、難解症例も含めて大学・他病院の病理医や日本病理学会へのコンサルテーションだけでなく、がん対策情報センター(国立がんセンター)が提供するがん診療連携拠点病院への病理診断コンサルテーションサービスも積極的に受けるようにして、精度管理を心がけています。

看病、治療の甲斐なく不幸にして亡くなられた御遺体の病理解剖(剖検)を行い、病理解剖診断を行うことも重要な業務です。剖検症例の臨床病理カンファレンス(Clinico-Pathological Conference, CPC)を通じて、病因・直接死因、病理発生や病態生理についての解明や考察を行い、臨床へのフィードバックを行っています。

平成20年4月1日の診療報酬改定より、それまで検体検査のなかに一まとめにされていた病理診断が、独立した診療業務(病理診断科の標榜)として評価されたことをご存じの方も多いと思います。病理診断が果たしている診療行為の社会的な責任をさらに自覚して業務にあたろうと考えています。

施設認定

  • 日本病理学会登録施設
  • 日本臨床細胞学会認定施設
  • 日本臨床細胞学会教育研修施設